全国から観光客が訪れる東海地区でも人気の香嵐渓です.

混んでいるとわかっていても行って良かったと思わせる、約4,000本のもみじは圧巻です。

絶対見る価値あり!なので是非紅葉を見に訪れて欲しい場所です。

でも混雑が気になる~そしてなるべくなら混雑は少しでも避けたいものですよね

紅葉を見に行く前に準備として、香嵐渓の例年の混雑状況や混雑をリアルタイムで知る方法、混雑回避の仕方や駐車場について書いていきますのでチェックしてから行かれる事をお勧めします。

これで少しでもスムーズに紅葉を楽しんでいただけたらと思います♪

香嵐渓紅葉の見頃と現在はこちらでチェック!

 

えむ
香嵐渓ってすごく混んでるって聞くよ~
混雑苦手・・・

ぱんだくん
混雑嫌だよね。
でも混んでない時や少しでも避けられる方法もあるみたいだから調べてみたよ

 

香嵐渓紅葉2018混雑・渋滞状況をリアルタイムで知る方法!

香嵐渓紅葉の混雑状況は?

 

去年の様子をtwitterで見てみると香嵐渓の渋滞はもはや名物になっていますね。

 

 

SNSで混雑状況が分かりますね。

大体例年の混雑は27年、28年の香嵐渓の渋滞カレンダーで確認できます。

11月中旬まででしたら多少の余裕がありますが、見頃の11月下旬の土日ですと1日に約3万人もの観光客が訪れるため、ものすごい混雑となります。

ピークは11月20日前後の日曜日と23日の勤労感謝の日の祭日あたりですが、紅葉の見頃や天気も関係してくるので多少ずれると思いますが、今年の予想は勤労感謝の日が金曜日なので11月23日(金)、24日(土)、25日(日)がピークになりそうです。

もしくは12月1日(土)2日(日)あたりかなと予想されます

 

渋滞カレンダー2017.8画像

 

香嵐渓紅葉混雑・渋滞状況をリアルタイムで知る方法!

 

香嵐渓の混雑は紅葉の時期は仕方がないと思うのですができればリアルタイムでチェックできると助かりますよね。

混雑状況を知る方法は色々ありますが、ライブカメラGoogle Mapで道路状況やYAHOOリアルタイム検索でSNSでのつぶやきなどでも知る事ができます、ぜひチェックしてみて下さい。

 

ライブカメラ映像の道路の混雑状況が見れます

 

Google Mapでも香嵐渓の渋滞状況が見れます

 

YAHOOリアルタイム検索でSNSでの混雑状況が見れます

 

香嵐渓紅葉2018渋滞回避とアクセス・駐車場は

香嵐渓の場合、紅葉の会場までの交通手段が電車とバスまたは車となり、会場まで一本道となるのが相当の混雑を招く原因となります。

車でのアクセス

 

東海環状自動車道 「豊田勘八IC」下車、国道153号飯田方面へ13キロ約・20分(香嵐渓へ)

猿投グリーンロード「力石IC」下車、国道153号飯田方面へ9キロ・約15分(香嵐渓へ)

 

渋滞回避方法

 

車で行く方は渋滞は必須ですが迂回ルートを通る事で回避できます。

一番混雑するのが名古屋方面からの国道153号を通るルートです。

迂回路案内看板も出ていますが、猿投グリーンロード→県道11号→33号迂回ルート、国道153号→県道344号迂回ルートがあります。

なるべくこちらの迂回ルートを利用する事で混雑は回避できると思います。

香嵐渓迂回路画像

 

香嵐渓の駐車場

 

駐車場は臨時駐車場も合わせると全部で1600台まで入ることができ、近場の駐車場はすべての駐車場で1,000円の駐車料金となります。

通常の駐車場ですと満車になることが予想されますので、香嵐渓では見ごろの11月中旬~下旬にかけて、土日祝は各小中学校が臨時駐車場となるとなることも覚えておくとよさそうです(臨時駐車場から会場まで徒歩約10)

どうしても渋滞を避けたいという方は、香嵐渓に午前中の到着を目指しましょう。

 

香嵐渓駐車場

電車でのアクセス

 

公共交通機関で行かれる方は電車とバスになります。

名鉄豊田線・三河線「豊田市」駅下車。名鉄バス矢並線(足助行)に乗り換え、「香嵐渓」下車 約45分

愛知環状鉄道 愛環四郷駅下車、とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)約50分

名鉄名古屋本線 東岡崎駅下車、名鉄バス岡崎・足助線(足助行)約70分
(東岡崎駅経由でのお帰りのバスの便は18時以降はありませんので、ご注意ください。)

 

お勧めの公共交通機関でのルートは↓このルートの道が渋滞が少なめです。

愛知環状鉄道「八草」駅から、香嵐渓行き直行バスにて約60分(11月11日~30日まで)

去年のバス時刻表です、今年度出ましたら追記します。

まとめ

 

香嵐渓はもみじ祭りやライトアップなど一日楽しめるので是非お出かけして欲しいです。

混雑を避けるコツとしては

11月20日前後が混雑のピークと予想されるので、できればその日は避ける。

車で行くなら153号ををさける迂回ルートを通りましょう。

公共交通機関なら臨時で運行される、愛知環状鉄道「八草」駅から、香嵐渓行き直行バスがお勧めです。

以上のポイントをチェックしてみて下さい♪

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事