夏の名古屋の一大イベントで名古屋港一帯で開催される「第73回海の日名古屋みなと祭」のフィナーレを飾る花火大会が今年も開催されます。

屋台も沢山でているので楽しみにしている人も多いですよね。

しかし名古屋みなと祭の花火大会は混雑必須です。

でもできれば少しでも混雑を避けて花火をゆっくり見たいところですよね。

今回は名古屋みなと祭の花火を見る穴場とベストスポットは?花火の打ち上げ日時と見どころについてまとめました。

名古屋みなと祭2019花火の打ち上げ日時

日にち:2019年7月15日(月・祝)

時間:19:30~20:20

雨天決行・荒天の場合は中止

発数は未定ですが去年は約3000発でした

 

名古屋みなと祭2019花火の穴場とベストスポットは?

まず会場についたら総合案内所で花火大会プログラムを入手する事をおすすめします。

花火大会プログラムはこちらから>>>名古屋みなと祭公式サイト

花火ベストスポット

みなと祭穴場

 

まず見やすいベストスポットは

①打ち上げ場所の正面にあたる名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁(ポートビル前)

②普段は立ち入り禁止の2号岸壁(夕方から解放されます)

 

混雑必須ですが花火を間近で楽しむことが出来るため時間に余裕がある人は早めに行って場所を確保するといいですね。

 

 

穴場スポット

③ガーデンふ頭3号岸壁同様にすべての花火が楽しめる名古屋港水族館南側緑地が地下鉄の駅から少し離れる為少し空いているようです。

芝生の広場に腰を下ろして鑑賞できます。

④荒子川公園はポートビルが見えるので離れていても花火は十分見ることができます。
稲永駅から歩いても近いので混雑を避けたい人にはお勧めです。

 

その他の花火の楽しみ方もご紹介します。

名古屋港シートレインランドにある大観覧車

その他には名古屋港シートレインランドにある大観覧車からちょっとシチュエーションを変えてベイエリアの夜景とともに花火を楽しむのも人気です。

当日は40分ほどの待ち時間があるようですが並びながら花火を楽しむのもいいかもしれません。

入園料は無料ですが大観覧車は3歳以上700円

 

 

 

なごやんツアー名古屋港ナイトクルーズ

名古屋港のナイトクルーズで花火を見るのもおしゃれですね。

 

なごやんツアー名古屋港ナイトクルーズの予約はこちら

 

名古屋みなと祭2019花火見どころも!

スターマインから開幕し、芸術性豊かな創作スターマインや大玉花火の連続が打ちあがります。

クライマックスはメロディー花火で締めくくり見どころ満載です。

参考までに2017年の花火大会の様子です。

まとめ

夏といえば花火ですね、どんどん花火も進化して演出がすごく見ていて飽きません。

メモリアル花火でメッセージを会場内にアナウンスできたり、フィナーレを飾るメロディー花火はスピーカーから流れる音楽とシンクロさせるというドラマチックな演出が楽しめます。

混雑必須ですが夏の風物詩の花火ぜひ楽しんでください♪

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事