夏の名古屋の一大イベントで名古屋港一帯で開催される「海の日名古屋みなと祭」のフィナーレを飾る花火大会が今年も開催されます。

屋台も沢山でているので楽しみにしている人も多いですよね。

名古屋みなと祭の花火の打ち上げ日時と花火を見る穴場スポットはどこか、交通規制はあるのか書いていきたいと思います。

 

浴衣の準備はできてる?

 

 

 

港祭り名古屋2018花火の打ち上げ日時

日にち:2018年7月16日(月・祝)

時間:19:30~20:20

雨天決行・荒天の場合は中止

去年は約3000発、最大花火サイズ1尺玉

 

 

港祭り名古屋2018花火の穴場スポット

まず会場についたら総合案内所で花火大会プログラムを入手する事をおすすめします。

花火大会プログラムはこちらから>>>名古屋みなと祭公式サイト

 

港祭り名古屋地図画像

 

定番スポット

見やすくてベストポジションの定番スポットは打ち上げ場所の正面にあたる名古屋港ガーデンふ頭3号岸壁(ポートビル前)と普段は立ち入り禁止の2号岸壁(夕方から解放されます)です。

混雑必須ですが花火を間近で楽しむことが出来るため時間に余裕がある人は早めに行って場所を確保するといいですね。

ガーデンふ頭3号岸壁同様にすべての花火が楽しめる名古屋港水族館南側緑地が地下鉄の駅から少し離れる為少し空いているようです。

芝生の広場に腰を下ろして鑑賞できます。

 

穴場スポット

名古屋港シートレインランドにある大観覧車

その他には名古屋港シートレインランドにある大観覧車からちょっとシチュエーションを変えてベイエリアの夜景とともに花火を楽しむのも人気です。

当日は40分ほどの待ち時間があるようですが並びながら花火を楽しむのもいいかもしれません。

入園料は無料ですが大観覧車は3歳以上700円

 

 

 

東山ガーデンポードビル店

東山ガーデンポードビル店では花火大会を見ながら屋上ビアガーデンでバイキングをすることができます。

完全予約制で18:00~20:30 大人8,000円、小学生:5,000円、3歳以上3,000円、生ビール・ソフトドリンク飲み放題

 

 

 

なごやんツアー名古屋みなと祭花火大会クルーズ

船で海上から花火を楽しむ鑑賞クルーズもリッチな雰囲気でおすすめです。

完全予約制で乗船時間:19:00~20:30 

大人2Fデッキ8,000円、1Fフロア6,000円、幼児(未就学児)2,000円

 

港祭り名古屋2018花火の交通規制は

 

交通規制日時:平成30年7月16日(月・祝)15時から22時

 

江戸川線築地口交差点~ガーデンふ頭交差点は、15時より全面通行止め。

築地口交差点および金城ふ頭線から以南は車両通行止め。

花火大会当日は会場周辺は全面駐車禁止

 

花火大会当日は交通規制がありますので、なるべく公共交通機関でお出かけしましょう。

車で行くと駐車場も空いている所を探すのが大変でなおかつ帰りは大渋滞が予想されます。

 

名古屋みなと祭り交通規制画像
公式サイトより引用

まとめ

夏といえば花火ですね、どんどん花火も進化して見どころ満載です。

メモリアル花火でメッセージを会場内にアナウンスできたり、フィナーレを飾るメロディー花火はスピーカーから流れる音楽とシンクロさせるというドラマチックな演出が楽しめます。

混雑必須ですが夏の風物詩の花火ぜひ楽しんでください♪

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事