水元公園は23区内で一番大きな面積の水郷公園です。

水元公園は5月下旬から6月にかけて花菖蒲が約100種類も咲き、「菖蒲まつり」で有名ですが、秋には水郷の景色も錦秋に染まります。

紅葉といえばモミジやイチョウを思い浮かべる人も多いと思いますが、ここ水元公園では1800本も植栽されているメタセコイアが一番の見どころです。

今回は水元公園の紅葉の見頃や現在の状況、混雑状況などについて書いていきます。

水元公園紅葉2018見ごろや現在の状況

 

 

水元公園の紅葉の見頃は、例年11月下旬から12月上旬です。

現在の状況をチェックするにはweathernewsの紅葉情報やTwitterから

Twitterもリアルタイムでチェックできます。

 

都立水元公園の基本情報
所在地:東京都葛飾区
開園時間:常時開園
入園料:無料(ただし、一部有料施設あり)
アクセス:JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町」徒歩7分
京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)「水元公園」下車 徒歩7分
駐車場:有料
ペットOK:リードをつけて、マナーを守ってください

水元公園紅葉2018メタセコイアの見どころは?

 

メタセコイアとは・・・:ヒノキ科(またはスギ科)の落葉樹。和名は アケボノスギ、イチイヒノ

一時は絶滅した植物と考えられていて、「生きている化石」ともよばれたことありました。

秋の水元公園の一番の見どころは、ポプラ並木とメタセコイアの森です。

ポプラ並木は高さ20mほどの木が約200本で、1キロ以上の並木道が続きます。

紅葉の時期は黄色に輝き、並木道を通ってみても少し離れて眺めるのも圧巻です。

メタセコイアの森は、高さ30~40mのメタセコイアが密集しています。

また周辺は大きな池になっているので水面に黄金色の木が写りとても神秘的で、昼間も夕方もそれぞれ違う美しさがあります。

太陽の光に照らされた茶色・黄金色の森の中へと足を運ぶと、日本とは思えない景色が広がっています。

森の中から、空を見上げてみてください。お天気が良ければ、青い澄んだ秋の大きな美しい空が・・・・みられることでしょう。

水元公園紅葉の混雑状況は

紅葉の美しい公園ですが、とにかく広大な敷地なので、それほど混雑していると感じることはありません。

紅葉目当てに訪れるような観光地ではないため、いつ行ってものんびりと楽しめるのもメリットの1つです。

とても広い園内なので、サイクリングをしながら楽しむこともおすすめです。

せせらぎ広場周辺の紅葉も美しいです。

 

水元公園駐車場と食事でおすすめの場所は

水元公園駐車場

営業時間:24時間
利用料金:普通車 1時間まで200円 以後30分ごとに100円
駐車台数:311台(うち身障者用9台)

 

お食事処

水元公園 涼亭
営業時間:9:00~17:00 ※お食事のご注文は16:00までとなります。
定休日::月曜日(ただし、祝日に当たる場合は翌日)年末年始
座席:56席(店内32、テラス24)
おすすめ!海老穴子天丼 ¥1,100 (海老・穴子・茄子・ピーマン・かぼちゃなど季節の野菜)

グリーンテラス水元

営業時間:: 9:00~17:00
定休日:火曜日(12月~2月)  ※ただし、祝日に当たる場合は翌日 年末年始12月29日~1月1日までお
おすすめ!:揚げもち ¥180
甘辛いタレと海苔の風味が香ばしい揚げもち。小腹がすいたときに、おひとついかがですか?

 

おすすめの服装は

特に紅葉狩りコーデはありません。

メタセコイアやポプラ並木の紅葉に合う色、デザインでおしゃれを思いっきり楽しんでください。

ただし、履きやすい靴を選んだほうがより散策を楽しむことができると思います。

そしてせっかく行くなら天気も気になりますね、紅葉の時期は寒かったりしますのでこちらのサイトで服装もチェックできます。

まとめ

カップルでも、親子連れでも、もちろんおひとり様でも気軽に行くことができる公園です。

朝、昼そして夕方、それぞれ違う景色が見られます。

SNS、インスタ映えポイントが満載です。

お気に入りのポイント見つけてインスタグラムにアップしては・・・

水辺には鳥たちの楽園があります。6箇所に観察舎があり、自然を垣間見ることができます。

季節の移り変わりを肌で感じることができます。

日に日に色づき、東京とは思えない、のどかでゆったりした風景を落ち行く葉を眺めながら秋の一日をのんびりしてはいかがですか?

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事