ららぽーと名古屋に「ゴンチャ(Gong cha)」がオープンしました!

世界に1.500店舗、日本には2015年に初上陸して関東地方中心に10店舗あるようです。

今でも連日行列の人気スポットなのですが、ららぽーとにも出店という事で大注目です。

早速内覧会で行ってきましたので、ゴンチャの気になるメニューや料金、おすすめ商品と混雑状況と実際の待ち時間をリポートします♪

追記 2018年10月19日 10月19日の夜19時くらいでも40〜50人くらいの行列ができていました。 平日金曜日の夜でしたので、まだしばらくは行列覚悟ですね。

ゴンチャららぽーと名古屋メニューとおすすめは?料金はいくら

ところでゴンチャとはどんなお店なの?というと、伝統ある中国茶を気軽に日常的に味わってほしいという想いを込めて2006年に台湾で誕生した、タピオカ台湾茶のお店です。

厳選された茶葉を使用し店舗で丁寧に抽出し、好みに合わせてカスタマイズできるのが人気の理由です。

店舗に入ると茶葉のいい香りがします。

 

それではメニューですが

ベースとなる4種類のお茶

ジャスミングリーンティー S300円 M350円 L450円

ウーロンティー S300円 M350円 L450円

ブラックティー S300円 M350円 L450円

阿里山(ありさん)ウーロンティー S350円 M400円 L500円

この4点がベースになっています。

 

スペシャルミルクティーティーエード、その他ジュース、スムージーもあります。

甘さ、氷の量、トッピングをカスタマイズできるので自分好みの味にできます。

カスタマイズ1画像

①ベースのドリンクを選ぶ

②甘さを選ぶ

甘さ画像

③氷の量を選ぶ

ゴンチャ氷画像

④トッピングを選ぶ 

トッピング画像

 

⑤並んで待っているときに注文を聞かれるので、注文をして紙をもらいレジで精算、ドリンクが出来上がるとレシートに記入された番号を呼ばれるので出来上がるま数分待ちます。

 

メニュー表です(クリックすると大きくなります)

メニュー画像

 

お勧めはこちらです

ブラックミルクティー+パール M490円

ウーロンミルクティー+アロエ M490円

ミルクホームグリーンティー+パール M490円

ピーチ阿里山ティーエード+パール M540円

マンゴ―阿里山ティーエード+ナタデココ M570円

ハニ―グレープフルーツジュース+バジルシード M490円

メニューおすすめ画像

 

私が注文したのはブラックミルクティー、甘さゼロ、氷少なめ、トッピングなしです。

甘さなしでも苦味があるわけではなくすっきり飲みやすく美味しいです。

次回は人気のパール(タピオカ)トッピングしたいと思います。

ミルクティー画像

ゴンチャららぽーと名古屋混雑状況や待ち時間は?

ゴンチャ混雑画像

 

開店後1時間後位に並んだらその時点で75分待ちと言われました、それ程並んでないよなと思い店員さんに聞いたら、一つ一つ抽出するので少し時間がかかるといわれて納得、実際は30分くらいだったので時間多めに見ているかもしれません。

他のお店の混雑状況はどうでしょうか?

ツイッターでも相変わらずの混雑とつぶやかれていますので、名古屋もしばらくは混雑しそうですね。

まとめ

 

スタバやコメダなどコーヒーのお店が多い中、タピオカ台湾茶のゴンチャはかなり新鮮で嬉しいですね。

東海地区は名古屋にしかないので、レゴランドや水族館のついでに来る人も多そうです。

混雑必須ですが、一つ一つ抽出して作ってくれる台湾茶は本当においしいです。

並んでも飲む価値アリでおすすめですよ♪

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事