まだまだ猛暑が続いていますが、今年の8月は例年より台風の発生が多いようです。

平年の8月の台風の発生数は5.9個との事ですが、今月はハイペースで、2018年8月28日朝9時に9個目の台風21号(チェービー)が発生したと気象庁の発表がありました。

非常に強い勢力の台風なので外出する時や自分の住んでいる所の状況が気になると思います。

台風は毎日進路を変えて進んでくるので台風21号はいまどこにいるのか?

リアルタイムでチェックする方法や、台風21号(チェービー)のこれからの進路予想、なぜ今年は台風が多いのか、電車や飛行機などの運行情報もまとめましたので外出の際にチェックして頂ければと思います。

台風21号いまはどこ?リアルタイムと進路予想!

さて台風21号は現在どのような状況なのでしょうか?

2018年8月31日現在はマリアナ諸島近海を西に進んでいます。

今後も発達しながら西寄りに進んで行くと予想されます。

21号最新画像

出典:weathernewsより

 

---現在地の情報---

マリアナ諸島
北緯 18度30分/東経 141度30分

大きさ--
中心気圧915hPa
強さ猛烈な
最大風速55m/s
方向・速さ西 25km/h
最大瞬間風速75m/s

 

それでは台風21号はいまどこにいるのでしょうか?リアルタイムでチェックするには

weathernewsというサイトで台風の状況を見る事ができます、そして実際の天気を各地ライブカメラでチェックし、YAHOOリアルタイム検索で台風の口コミを調べるのがお勧めです。

 

今現在の状況を見るのはweathernewsの台風CHが発生から消滅までわかりやすく台風を追っています。

 

 

そしてライブカメラCHで各地の今の空をライブで見る事ができます。

 

SNSでのリアルタイム検索で現在の台風状況の口コミを知る事ができます。

 

 

全国の天気予報はこちらから

 

 

YouTubeでウエザーニュースをLIVEで放送中

 

 

さて猛烈な強さになった台風21号の気になる進路予想ですが

台風21号(チェービー)は今年3個めとなる猛烈な勢力となり、マリアナ諸島近海を西に進んでいます。

9月1日(土)にかけてが発達のピークとなるとみられ、今年発生した中では最も強い台風になる予想です。

今後は段々と北寄りに進路を変えて、9月4日(火)から5日(水)にかけて日本に接近または上陸する恐れがあります。今後の動向に注意してください。

チェービー:韓国の言葉で「つばめ」

 

新学期早々に台風21号は日本へ接近か上陸しそうです。

現在の予想では近畿、東海、関東と影響がありそうです。

 

そして今年は台風が例年比べて多いと最初に書きましたが、なぜ今年は台風が多いのでしょうか?

なんと歴代2位タイのハイペースです。季節風が平年より強く、台風の卵というべき「渦」ができやすかったのが原因のようです。海水温の高さも上昇気流につながっています。

つまり季節風により卵ができやすくなり、太平洋の海面温度が例年に比べて高くなったため台風が多く発生したようですね。

 

台風21号は猛烈な強さの台風となりそうですが、生活への影響も心配ですね。

台風が上陸した時に気になるのが、電車や飛行機の運行状況です。

こちらに最新の運行状況が調べれられるサイトをまとめました。

電車の運行情報

在来線・私鉄・地下鉄

 

北海道の在来線・私鉄・地下鉄>>>運行情報 北海道

東北の在来線・私鉄・地下鉄>>>運行情報 東北

関東の在来線・私鉄・地下鉄>>>運行情報 関東

中部の在来線・私鉄・地下鉄>>>運行情報 中部

近畿の在来線・私鉄・地下鉄>>>運行情報 近畿

中国の在来線・私鉄>>>運行情報 中国

四国の在来線・私鉄>>>運行情報 四国

九州の在来線・私鉄>>>運行情報九州

 

新幹線

有料特急

フライト情報

まとめ

毎年台風による被害がひどくなっています。

自分の身は自分で守るという意味で災害時には気象情報をしっかりチェックして災害に備えたいものですね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事