2020台風12号今はどこ?リアルタイムと進路予想!東京への影響は?

9月に入ってから雨の日が多く、やっと天気が良くなったと思ったら台風12号が発生しました。

コロナも少し緩和されて、そろそろお出かけしようかなと思っていたのに天気が悪いのってガッカリしますよね。

そこで台風の進路が気になるところだと思いますので、2020年の台風12号(ドルフィン)今はどこにいるか?リアルタイムでの位置の確認と進路予想、東京への影響についてまとめました。

台風12号2020今はどこ?リアルタイムは?

台風12号は、21日21時現在、日本の南にあって、北北東へゆっくり進んでいます。

中心気圧は996hPa、中心付近の最大風速は20m/sです。

 

台風は状況がすぐに変わりますので「Windy.com」が視覚的にリアルタイムでの確認がしやすいです。

右上の風をクリックすると、雨や雷、気温、雲、さらには波の状況まで確認可能です。

左下の赤い三角ボタンで10日後までの動きも見ることができるのでかなり参考になりますよね。

 

出典:Windy.com

 

その他YAHOOリアルタイム検索でもチェックできます。

2020台風12号の進路予想!東京への影響は?

そして台風12号の進路予想は22日から23日にかけて日本の南を北よりに進み、24日21時には東海道沖に達する見込みです。

その後、台風は温帯低気圧に変わり、25日21時には三陸沖に達するようです。

なので23日から24日にかけて、東日本と西日本では、台風第12号の動向や前線の活動の程度によっては大雨となるおそれがあります。

東京は24日あたりにに注意が必要になりそうです。

 

まとめ

ゆっくり進んでいる台風12号は秋雨前線の影響で大雨になる可能性が高そうです。

進路にブレはありますが、関東地方は24日〜25日あたりが一番警戒が必要になりそうです。

東京も台風上陸の注意が必要です。

進路の動向に注目して浸水などの対策も準備をしたほうがいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事