カフェドパリアイキャッチ

韓国でフルーツたっぷりのパフェ「ボンボン」が人気のカフェ ド パリ Cafe de parisが2020年9月18日(金)名古屋栄に初出店しました!

お店の可愛さや、インスタ映えするメニューは一度は行ってみたいと思いますよね。

そこでカフェドパリ名古屋の場所と営業時間、気になる混雑状況と名古屋限定、テイクアウトのメニューについて紹介します。

カフェドパリ名古屋場所と営業時間

カフェドパリ名古屋外観

 

カフェドパリ名古屋は名古屋市中区栄のテレビ塔近くのヒサヤオオドオリパーク内のZONE4にあります。

きれいな水色の建物でCOACHの2階にあるのですぐにわかります。

アクセスは地下鉄の栄駅か久屋大通駅どちらからでも行けますが、栄駅のほうが近いです。

地図の19bの場所になります(写真をクリックすると拡大するので確認できます)

 

ヒサヤオオドオリパーク地図

 

地下鉄のアクセス

市営地下鉄桜通線「久屋大通駅」下車
市営地下鉄名城線「久屋大通駅」下車
市営地下鉄東山線「栄駅」下車
市営地下鉄名城線「栄駅」下車
名鉄瀬戸線「栄町駅」下車

バスのアクセス

栄バスターミナル・オアシス21乗り場
名古屋市営バス・名鉄バスが運行する2系統のほか、名古屋市の主要スポットを巡回する観光ルートバス「メーグル」も運行

車のアクセス

所在地:名古屋市中区丸の内三丁目、錦三丁目 他 久屋大通公園

ナビなら久屋大通公園か名古屋テレビ塔で検索

カフェドパリ名古屋営業時間

11:00~21:00

定休日なし

TEL:052-265-5574

 

カフェドパリ名古屋混雑状況は?

カフェドパリメニュー

10月2日(金)平日の13時半くらいに来店しました。

外から見た感じはそれほど並んでいなかったです。

お店の中は空席もありましたが、それでも30分くらい並びました。

いちごや、メロン、グレープのボンボンはすでに売り切れで、マンゴーとあおぶどうのダブルボンボンやパインはありました。

ランチを食べてそれ程時間がたっていなかったので、テイクアウト用のミニボンボンのあおぶどう(シャインマスカット)を選択。

ヒサヤオオドオリパークは座るところが沢山あるので、テイクアウトでも楽しめます。

ヨーグルト風味のさっぱりしたクリームとジュレ、大好きなシャインマスカットの組み合わせで、あっという間に完食でした~

他のボンボンもまた食べたいですね!

30分くらい並びましたが、多分平日のこれくらいの時間が一番空いていると思いますので、混雑避けるなら狙い目だと思います。

 

ミニボンボン

 

オープン時の混雑をtwitterで調べみると

 

 

9月20日日曜日は2時間30分並んだようです。

お休みの日はしばらく長時間並ぶの覚悟ですね。

 

 

混雑を少しでも避けたいと思うので、カフェドパリが2019年2月1日(金)に六本木ヒルズ(現在はありません)に日本初上陸した時のオープン時の混雑状況を参考にしてみましょう。

Cafe de paris JAPAN カフェ ド パリ公式インスタグラムが時間帯ごとの待ち時間を発表してくれています。

星4つの一番混雑している時間をなるべく避けるといいと思いますので、ねらい目はお昼12時くらいか夕方17時以降になりますね。

 

2019年2月19日

一番良く頂く質問
「待ち時間どのくらいですか?」
日によって変わること、店内でお召し上がり頂くか、外に出られるかでかなり時間が変わるため、正確な時間についてはお答え出来ませんが…
今までの調査による、1日のおおまかな混雑具合を時間別にしてみました。

11:00〜 ⭐️⭐️⭐️
12:00〜⭐️⭐️
13:00〜⭐️⭐️⭐️
14:00〜⭐️⭐️⭐️⭐️
15:00〜⭐️⭐️⭐️⭐️
16:00〜⭐️⭐️⭐️
17:00〜⭐️⭐️
18:00〜⭐️
19:00〜
20:00〜

 

カフェドパリ名古屋限定メニュー

カフェドパリは季節ごとにメニューが変わります。

その季節で一番おいしいフルーツを使って提供してくれているので、1年中楽しめますね。

そして日本のカフェドパリの クリームは、ヨーグルトをブレンドした日本限定のクリームなんです!

 一般的な生クリームと比べて、カロリーは30%以上オフ、 脂質も30%以上オフなので見た目のボリュームよりもあっさり食べられます。

今回名古屋店限定メニューと季節限定メニュー、テイクアウトもあるので紹介します。

 

名古屋限定メニュー

ルージュグレープボンボン  1.600円+tax 
プレミアムメロンボンボン 2.300円+tax  
プレミアムマンゴーボンボン 2.200円+tax 

 

期間限定メニュー

ハローキティボンボン 2.000円+tax

 

 

テイクアウトメニュー

ミニボンボン (とけないようにスムージーをゼリーに) 820円~

メニメニフルーツサンド 520円~

 

まとめ

フルーツパフェ「ボンボン」はカフェ ド パリが発祥なんですが、この「ボンボン」の意味はフランス語でセボン(とても良い)セボン(とてもおいしい)からきているそうです。

ネーミングもかわいいフルーツパフェ「ボンボン」やっと食べる事が出来ました!

しばらくは混雑すると思いますがテイクアウトもできますので、とりあえすテイクアウトして芝生の公園でゆっくり食べるのもおススメです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事