五輪連覇の偉業を成し遂げ、被災地で復興に励む人々を勇気づけた功績を讃えて、羽生結弦選手のモニュメントが増設されることが発表されました。

本当にスケートというスポーツを通して仙台にこれだけ貢献している人は他にいないんじゃないかと思います。

そして2019年4月20日モニュメントデザイン発表会が仙台でありました。

発表会の様子がyoutubeで見れます!

 

羽生結弦選手のモニュメントの設置場所やいつから見れるのか、なぜその場所なのかまとめました。

羽生結弦モニュメントの設置場所はどこ?

モニュメントの設置場所は仙台市青葉区、地下鉄東西線「国際センター」駅前、南側出入り口に設置されます。

近代的なおしゃれな駅ですね~

 

View this post on Instagram

 

ブーミン。さん(@boomin68)がシェアした投稿 -

 

 

ところでなぜこの国際センター駅前に設置されるのでしょうか?

もうご存知だと思いますが、モニュメントの設置は増設ということでもうすでに2体設置されています。

2017年4月に設置されたのが仙台出身の金メダリスト、荒川静香さんと羽生結弦選手のモニュメントです。

ファンには有名な写真撮影スポットになっているようですね。

 

この「国際センター」駅というのが日本フィギュアスケートの発祥の地とされている、宮城県仙台市の仙台城の三の丸堀(五色沼)の最寄駅ということでこの場所に設置されたようです。

 

それではアクセス方法を見ていきましょう!

羽生結弦モニュメント設置場所のアクセス方法

地下鉄の駅前に設置されるので電車で行くのが一番簡単だと思います。

所在地:宮城県仙台市青葉区青葉山無番地

電車:仙台駅→地下鉄東西線八木山動物公園方面4つめの駅「国際センター」です。

運賃:200円

 

 

路線バス:・609・S719系統「国際センター西バス停」下車 徒歩1分
     ・115系統「仲の瀬橋バス停」下車 徒歩3分
     ・115系統「二高・宮城県美術館前バス停」下車 徒歩4分

高速道路IC:・東北自動車道「仙台宮城IC」から 3.7km
      ・仙台南部道路「山田IC」から 5.6km
      ・仙台南部道路「長町IC」から 6.5km

 

羽生結弦モニュメントはいつ完成なの

すでに設置済みのモニュメントは2014年のソチオリンピック「パリの散歩道」のデザインですね。

大きさは、横1.6メートル・縦2.3メートル・厚さ3.5センチメートルで五色沼をモチーフにした土台の上に、「強くも繊細で凜(りん)とした氷上の選手の姿」を強化ガラスで表現したようです。

 

 

これに並んで設置されるモニュメントは2018年平昌オリンピック「SEIMEI」のデザインです。

除幕式が4月29日(月曜日・祝)午後1時30分~午後2時00分に開催されます、羽生選手の出席はありませんが会場の観覧は自由のようです。

除幕式以降モニュメントは見ることができるので、ゴールデンウイーク中に見れるようになりますね。

 

羽生選手のコメント
モニュメントとして残るのはすごいこと。フィギュアを始める子どもが1人でも増えたらうれしい。
これをきっかけとして仙台に足を運んでくださる方が増えればいいと思いますし。顔の表情、靴の使い方、ポーズの違いとか、細かいところもあると思うんですけど、しっかり見ていただけるとうれしいです。

 

まとめ

モニュメントを見るために訪れるファンの方も増えそうですね。

近くに伊達政宗騎馬像などの観光スポットもありますので足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事