秋雨前線の影響で雨が続いていますがマリアナ諸島近海で9月21日に台風24号のたまごが発生し、気象庁は24時間以内に台風24号に発達すると発表しました。

来週中頃には沖縄の南の海上で進路を北よりに変える可能性がありこれからの進路が気になります。

運動会や行楽の季節となりますので、米軍とヨーロッパの台風の進路予想と日本の最新情報をリアルタイムで台風24号の状況をチェックしていきたいと思います。

 

台風24号たまご発生2018米軍とヨーロッパ進路予想

 

さて台風24号たまごは現在どのような状況なのでしょうか?

2018年9月26日現在、気象庁によると熱帯低気圧の現在の中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートルで、北へゆっくり向かっています。

今後は勢力を維持しながら北西に進んで、29日(土)頃に沖縄・先島諸島を通過する予想です。先島諸島を中心に暴風や大雨、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

その後は東寄りに向きを変えて進み、30日(日)頃に九州に接近・上陸する恐れがあります。停滞する秋雨前線とともに日本への影響が懸念されます。

 

2018年9月26日追記

沖縄の南の台風24号は大型で非常に強い勢力を維持しています。

今後もゆっくり北上し、29日(土)頃に非常に強い勢力で沖縄にかなり接近する予想。

その後、北東に進路を変え、30日(日)から1日(月)にかけて九州から北海道を縦断する恐れがあります。

今回の台風の特徴は
・沖縄付近では動きが遅く影響が長引く恐れがあること
・台風周辺の湿った空気が流れ込んで本州付近の秋雨前線の活動が活発になり、台風の接近前から大雨となる恐れがあること
・台風は進路を北東に変えた後、一気にスピードを上げて、九州から北海道を縦断し、急に大荒れの天気となる恐れがあるようです。

 

2018年9月23日追記 台風のたまごが24号になりました

強い勢力の台風24号(チャーミー)は、発達しながらフィリピンの東を西に進んでいます。
今後も海水温の高い海域を西寄りに進み、26日(水)頃には猛烈な勢力で沖縄の南に達する予想です。
その後の進路は不確定ですが、停滞する秋雨前線とともに日本への影響が懸念されます。
台風24号、今後の動向に注意です。
チャーミー:ベトナムの言葉で「花の名前」

Tenki.jpより引用

 

 

それでは米軍の台風警報センターで現在の状況を見てみましょう。

米軍合同台風警報センター

赤いやじるしでTD28Wとなっているのが台風24号です。

沖縄に接近中です。

そして新しいたまごが発生している模様です。

 

 

見事に日本を横断する予想になっています。

米軍24号画像

 

それではヨーロッパ予報はどうでしょうか。

ヨーロッパ予報では10日間の予報を見る事ができますが、台風の進路は変更する事があるのであまり先の予報は信憑性が低いかもしれません。

 

ヨーロッパ27日予報

台風24号27日

28日予報

台風24号28日

29日予報

30日予報

10月1日予報

10月2日予報

29日から10月1日にかけて日本を横断する予想となっています。

米軍もヨーロッパも同じくらいの位置で30日位に関西直撃しそうです。

台風24号たまご最新情報!リアルタイムも

 

それでは台風24号は今はどこにいるのでしょうか?

気象庁の9月26日の状況です。

下の写真では大きな渦巻きになっているのがわかります。

そして沖縄の南をゆっくりと北に進んでいます。

 

台風24号

 

台風24号tenki画像

 

やっぱり気になるのが今は台風どこ?という所だと思うので

台風をリアルタイムでチェックする方法をお伝えしていきます

 

weathernewsというサイトで台風の状況を見る事ができます、そして実際の天気を各地ライブカメラでチェックし、YAHOOリアルタイム検索で台風の口コミを調べるのがお勧めです。

 

今現在の状況を見るのはweathernewsの台風CHが発生から消滅までわかりやすく台風を追っています。

 

 

そしてライブカメラCHで各地の今の空をライブで見る事ができます。

 

SNSでのリアルタイム検索で現在の台風状況の口コミを知る事ができます。

 

 

全国の天気予報はこちらから

 

 

YouTubeでウエザーニュースをLIVEで放送中

 

 

さて台風24号の気になる進路予想ですが、今後は勢力を維持しながら北西に進んで、29日(土)頃に沖縄・先島諸島を通過する予想です。

先島諸島を中心に暴風や大雨、高波、高潮に厳重な警戒が必要です

 

今回注意したいのは24号のたまごが発生している場所がマリアナ諸島周辺という事です。

マリアナ諸島周辺の海域は世界で最も暖かく、台風が巨大化しやすい場所として知られています。

今シーズン、猛烈な台風となったのは台風3号、台風8号、台風21号、台風22号の4つです。

台風21号といえば、9月4日に徳島県に上陸し、近畿地方で記録的な暴風、高潮による大きな被害が発生しました。

実際、先に挙げた4つの台風はこのあたりで発生しています。

ということで今回の台風24号の進路も注目していきたいと思います。

 

そして台風21号は(チェービー)でしたので、台風24号のたまごが台風になったら名前はTrami(チャーミー)となります。

命名した国と地域呼名片仮名読み名称の意味
1カンボジアDamreyダムレイ
2中国Haikuiハイクイイソギンチャク
3北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)Kirogiキロギーがん(雁)
4香港Kai-takカイタク啓徳(旧空港名)
5日本Tembinテンビンてんびん座
6ラオスBolavenボラヴェン高原の名前 ←2018年台風1号名称
7マカオSanbaサンバマカオの名所
8マレーシアJelawatジェラワット淡水魚の名前
9ミクロネシアEwiniarイーウィニャ嵐の神
10フィリピンMaliksiマリクシ速い
11韓国Gaemiケーミーあり(蟻)
12タイPrapiroonプラピルーン雨の神
13米国Mariaマリア女性の名前
14ベトナムSon-Tinhソンティンベトナム神話の山の神
15カンボジアAmpilアンピルタマリンド
16中国Wukongウーコン(孫)悟空
17北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)Jongdariジョンダリひばり
18香港Shanshanサンサン少女の名前
19日本Yagiヤギやぎ座
20ラオスLeepiリーピラオス南部の滝の名前
21マカオBebincaバビンカプリン
22マレーシアRumbiaルンビアサゴヤシ
23ミクロネシアSoulikソーリック伝統的な部族長の称号
24フィリピンCimaronシマロン野生の牛
25韓国Jebiチェービーつばめ(燕)
26タイMangkhutマンクットマンゴスチン
27米国Barijatバリジャット風や波の影響を受けた沿岸地域
28ベトナムTramiチャーミー花の名前
29カンボジアKong-reyコンレイ伝説の少女の名前

 

まとめ

毎年台風による被害がひどくなっています。自分の身は自分で守るという意味で災害時には気象情報をしっかりチェックして災害に備えたいものですね。 

 

ところで防災準備できていますか?

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事