2018年7月28日に今年2度目となる皆既月食がやってきます。

今回の皆既月食は愛知からだとどの方角で何時に観られるのか。ピーク時間やスマホの撮影方法などについてお話してきます。

 

皆既月食とは

 

akira.mさん(@akira.m1)がシェアした投稿 -

 

皆既月食をより楽しむためにも、まずは皆既月食の基本知識をお伝えしていきます。

 

月食とは

月食とは、月がかけて見える現象のことを言います。仕組みは、太陽と月の間に地球が入り、太陽・月・地球が一直線に並ぶことによって太陽の光が月に届かないためです。

 

皆既月食とは

では、「皆既月食」とはどのようなことを指すのでしょう。文字通り、地球が太陽の明かりをすべて遮った状態をいいます。地球には影が2種類あり、本影(太陽から全く光が届かない場所)と半影(太陽から見て地球のサイドに位置する場所)の本影の時に太陽の光をすべて遮る皆既月食が見られます。

 

皆既月食の色は赤色?

皆既月食は太陽の光が差し込まないのだから、月は暗くなって見えないのでは?という疑問が生まれてきますね。実際に皆既月食の際は、月が赤みを帯びてみえます。これは、地球の大気圏を通過した明かりがわずかに月を照らすために起こる現象なのです。

 

愛知での皆既月食の時間と方角、ピークは

 

皆既月食は月が満月の度に起こるわけではなく、年に2回のペースで起こる現象で、稀なのです。今年の1回目は2018年1月31日でした。この時は非常に稀であるブルームーンが見られました。そして2回目に訪れる皆既月食は2018年7月28日となります。

 

愛知の皆既月食の時間

 

2018年7月28日の皆既月食の時間は5時21分となります。

ですが、いきなり皆既月食になるわけではなく、徐々に皆既月食になっていきます。

 

月食のスタート:2時12分

完全な皆既月食:5時21分

月食の終わり:8時30分

 

ちなみに、その日の愛知の日の出時間は4時58分だそうです。

朝方になってしまいますが、月がかけていく姿は見ることができますのでご安心を!

 

愛知の皆既月食の方角

 

愛知からみた皆既月食の方角は、西南西となります。

ですが、皆既月食の際は、明け方のため月は見えづらくなるので、南南西から始まり西南西に移動している最中の月が満ちかけていく様子を観察するとよさそうですね。

 

愛知の皆既月食のピーク

 

先ほどもお伝えした通り完全なる皆既月食は5時21分ですが、日の出が4時58分になるため、完全なる皆既月食は見ることが困難になります。

そのため、愛知から皆既月食をご覧になる場合は、4時58分までとなり、皆既月食に近い状態ならば観察することが可能になります。

 

愛知での皆既月食をスマホで撮影する方法とおすすめスポット

 

せっかくの皆既月食なのでスマホで気軽に撮影!と言いたいところですが、現状のスマホでは皆既月食を撮影することは困難です。ですが、事前準備をすることでテレビほどではなくても綺麗に撮影することは可能です。

 

スマホで皆既月食を撮影するには

 

スマホで皆既月食の撮影が難しい理由が、手ブレです。そのため、スマホで撮影したいという方は手ブレ対策として「明るさとピントを合わせられる撮影アプリ」と「三脚」を用意することいいです。

 

スマホで皆既月食を撮影するおすすめグッズ

 

安くて手頃

高倍率望遠レンズで、スマホが望遠鏡として使用され、写真をクリアに撮ることができます。旅行、コンサート、バードウォッチング、観光、狩猟などの遠距離観察には最適です。人間工学に基づいたデザインで、高い圧縮強度と耐衝撃性を備えています。

created by Rinker
SGODDE
¥2,199 (2018/08/16 15:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

初心者におすすめ、長く使用できる

扱いやすい口径70mmの屈折式鏡筒+小型軽量のミニポルタ経緯台のセット。これから天体観測を始めたいという方におすすめします。スマホ撮影用アダプタ付き!

 

 

スマホで皆既月食を撮影するおすすめの場所

 

皆既月食を撮影するのにおすすめの場所は、電灯がない明るい場所となります。愛知県では星空が綺麗に見える自然の地がたくさんありますので、ぜひこれからご紹介する場所で皆既月食をご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

奥三河エリア「奥三河総合センター」

新東名「新城IC」から車で35分ほどの場所にある愛知県北設楽郡設楽町の奥三河総合センターは、星空を美しく観られる聖地として知られています。

2018年1月31日の皆既月食では、解説を聞きながら皆既月食を楽しめるイベントを開催していますので、7月28日の皆既月食でもぜひイベント開催に期待したいところですね。

 

三ヶ根山

愛知県額田郡幸田町にある名古屋市から車で一時間程の三ヶ根山は、夜景がきれいに観られる有名な場所となっています。混雑が予想されますので、三ヶ根山で皆既月食をご覧になる場合は、場所取りが重要です。

 

まとめ

愛知県では残念ながら日の出の時間と皆既月食の時間が重なるため見ることはむずかしいです。

ですが、月が満ちてゆく幻想的な様子はご覧いただけます。7月28日は土曜日ということもあるので、人気スポットでは混むことが予想されます。家族でピクニックをしながら皆既月食の場所取りも併せてすれば、お子さんにとって良い思い出となる1日になるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事