2018年8月28日朝9時に9個目の台風21号(チェービー)が発生しています。

そろそろ夏休みが終わり新学期が始まっている所が多いと思いますが、9月3日の月曜日から新学期という所もありますよね。

そんな時に非常に強い台風21号が日本に接近か上陸するようです。

近畿や東海地方、東京への影響はどうなのかも気になる所だと思います。

台風21号の現在の状況とこれからの進路予想を見ていきます。

 

9月4日、東海3県に暴風警報が出ました。

台風21号2018米軍と気象庁の最新進路予想

 

それでは精度が高いとされているアメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報と、日本の気象庁の台風情報でチェックしてみましょう。

まず赤いやじるしの渦を巻いているTY25Wとなっているのが台風21号です。

これが9月2日現在の状況になります。

米軍現在

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

 

最新の進路予想を見ていきましょう

米軍合同台風警報センター(JTWC)の進路予想です。

米軍進路予想9月2日画像

出典:米軍合同台風警報センター(JTWC)

 

気象庁の進路予想です

気象庁予想画像

出典:気象庁

 

まず非常に強い台風第21号は9月2日(日)15時頃の状態は日本の南にあって、1時間 におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は935ヘク トパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メー トルで、中心から半径130キロ以内では、風速25メートル以上の暴風と なっています。

 

3日(月)には非常に強い勢力で大東島地方に接近し、その後次第に北に 進路を変えて速度を速めながら北上します。

4日(火)には非常に強い勢力を維持 して西日本から東海地方にかなり接近し、上陸するおそれがあります。

5日には、台風は日本海へ進み、北日本でも大荒れとなり、海は大しけと なる可能性があるようです。

という事で3日(月)は本土にはまだ上陸はしないようですが4日(火)には接近、上陸しそうです。

 

それでは愛知県への影響はどうでしょうか

もう少し詳しく見ていきましょう

 

9月4日(火)東海三県に暴風警報がでました。

愛知への影響は?

台風地図9月2日

 

台風21号は4日(火)に愛知県にも上陸する予想となっています。
9月4日画像

4日の天気予報を見ると15時位が豪雨13㎜となり風速も13m/sとなっています。

このあたりがピークだと思われます。

この13㎜/hっていう降水量はどんな感じかというと、「やや強い雨」と表現され、ザーザー降り、屋内で話し声が聞き取りづらい感じになります。

20㎜/hは土砂降りで傘をさしてもずぶ濡れ、階段が滝、側溝があふれ始めます。

 

風速13m/hはどうでしょうか?

風の強さ画像

出典:ウエザーニュース

 

風速10~15だとやや強く電線や樹木全体がゆれ、歩きにくくなります。

 

心配なのは降水量ですね、約10年前の2009年の台風18号にコースと勢力が類似しているようです。

台風の進路は一定ではありません、2018年9月2日現在での予想ですので必ず最新情報でお確かめください

常に最新の状況をチェックするにはweathernewsの台風CHが発生から消滅までわかりやすく台風を追っています。

まとめ

台風21号は非常に強い勢力で日本に接近しています。
進路予想では近畿、東海地方に上陸するのではないでしょうか。
そして2009年の冠水などの被害がでた18号と似た勢力を持っているようなので、早めの対策を取る事をおすすめします。
まだまだ21号の進路には注意が必要ですので、こまめにこちらのサイトでチェックして頂ければと思います。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事