テレビのCMでおなじみの「ニトリ」はみなさんもよく知っているホームセンターです。

最近では「デコホームニトリ」というお店ができているのをご存知ですか?

聞きなれない方もいるかもしれませんが、こちらも「ニトリ」の同系列の会社です。

もしかしたらまだ知らない方も多いのではないでしょうか?

この「ニトリ」と「デコホームニトリ」の違いやどんな商品が販売されているかなど、調べてみました♪

 

デコホームとは

まず、デコホームの特徴はショッピングモールの中やイオンタウンのような大型の店舗の中に出店していることです。

そのため、駅から5分以内で立ち寄れるような便利な場所に多くあり、これが大きな特徴です。

そのようなことから、日常的に気軽に立ち寄れる身近な商品を多く取り扱うということがコンセプトの一つとなっています。

会社帰りやお買い物帰りに、ちょっとタオルを買うとか、お布団カバーを買うなどの暮らしに寄りそったものになっています。

2017年11月現在では北は宮城県から西は広島県まで、関東から関西を中心に61店舗展開しています。

こちらから店舗検索できます>>>公式デコホームHP

 

ニトリとの違い

ニトリというと、大きな店舗に広い駐車場があって大型家具が販売されている…というイメージなのですが、デコホームは前述のとおり建物はなく、出店という形であることと、「大型家具の販売をしていない」という大きな違いがあります。

お客さんの口コミの中には、今までは自宅から遠くてなかなか行かれなかったけれど、便利な場所にあるため生活用品を見に頻繁に行くようになったというものがありました。

やはり立地条件が今までの「ニトリ」とは違うために、来店回数が増えるということが大きな違いのようです。

確かに大型家具は頻繁に買い替えませんし、どちらかというと身近な生活用品や小型の電化製品、小型の家具のほうが買うことが多いですね。

 

デコホームの取り扱い商品

デコホームの取り扱い商品は、店舗によって違いがあることが多いようです。

出店している場所によってメインとする商品に変化があるということで、なるほどと思います。

標準的な内容ですと、皿やコップ、鍋などのキッチン雑貨、枕カバーや毛布などの寝具類、小さい家電類、収納家具、小さい家具類、カーテン、タオル、ハンガーなどの生活雑貨、リビング用品、バス・トイレ用品で、普通のニトリで取り扱っているものが主になります。

また、デコホームオリジナル商品も多くあります。

今年の夏に販売されたデコホームオリジナル食器は上品な植物柄でお値段もリーズナブル(16cmプレート277円、21cmプレート370円他)で人気でした。

現在11月のおすすめは、電気ストーブ1,990円、超音波加湿器3,695円がリーズナブルですし、猫のペーパー加湿器もかわいいですね。

この電気ストーブはオリジナル商品ではないのでニトリでも買うことができます。

デコホーム商品画像

 

このほかにクッションやひざ掛けなど季節の商品も555円からとお手頃価格で気になりますね。

デコホームクッション画像

 

 

まとめ

ニトリデコホームは駅近くや、ショッピングモール内にあり、ちょっとした時にいつでも気軽に立ち寄ることができるという便利さがあるということと、オリジナル商品でニトリとは違う魅力も発信しているということがわかりました。

大型商品はニトリにまかせて、来店回数を多くすることによって、より商品に触れてもらおうという考え方がよく伝わってきます。

実際に、いつも利用する駅やショッピングモール内にあれば、買い物の予定はなくても見に行きたいなという気持ちになりますよね~

また、店舗によって多少の商品の違いがあるので、近くの別の店舗も見てみたいという気持ちもわいてきます。

これからますます便利になっていくデコホームニトリを楽しんでみましょう♪

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事