夏といえばプールですが東京サマーランドは屋内プールがある為、真冬以外は天候を気にせずプールが楽しめます。

6月からは一部の屋外プールが先行オープンしています。

流れるプールやウォータースライダーも楽しめるサマーランドの屋外プール全面オープンの日程と営業時間・料金、お得に買える割引情報。

ゆっくりくつろぐための有料席の購入方法と場所取りでお勧めの場所、おむつでもプールに入れるのか?アクセス方法と駐車場の混雑状況などについて書いています。

お出かけの時の参考になればと思います♪

 

今年の猛暑!塗る日焼け止めだけで大丈夫?

サマーランド2018の屋外プール営業時間・期間と料金

サマーランド2018の屋外プール営業時間と期間

東京で一番早く7月1日の屋外プールエリア全面オープンを前に一部エリアを先行オープン

期間:6月土・日(6/2,3,9,10,16,17,23,24,30)計9日間

時間:10:00〜16:00

会場:DEKASLA・ ビーバーレイク・ スプリングハウス・ アドベンチャーフォール・ グレートジャーニー

 

屋外全面オープン期間

営業期間:7月1日(日)~ 9月30日(日)

 

入園券入園+アドベンチャードーム(屋内プール)+アドベンチャーラグーン(屋外プール夏季のみ営業)+各種ウォータースライド(DEKASLA除く)
フリーパス券入園券で利用可能な施設+DEKASLA(夏季のみ営業)+乗りもの乗り放題(一部アトラクション、コイン遊戯機を除く)

表はスライドしてみて下さい

 

サマーランド2018のプール料金

 

Emi Miyamotoさん(@nicottoemi)がシェアした投稿 -

 

夏季期間 (7/1~9/30)
入園券 フリーパス券
おとな(中学生以上60歳まで)3,500円4,500円
小学生2,500円3,000円
幼児・シニア (2歳~未就学児・61歳以上)1,800円2,000円

表はスライドしてみて下さい

15時以降の利用料金

夏季期間 (7/1~9/30)
入園券 フリーパス券
おとな(中学生以上60歳まで)2,600円3,600円
小学生1,600円2,100円
幼児・シニア (2歳~未就学児・61歳以上)1,600円割引はありません

表はスライドしてみて下さい

サマーランドプールの割引情報

サマーランドのプールの割引はたくさんあって、通年で使える割引と期間限定で使える割引とがあります。

公式サイト割引クーポン

公式サイトよりLINE@登録すると定期的にクーポンやお得な情報が送られてきます。
クーポンの内容は毎月変わるようなので、行きたい時に使えるクーポンがあればラッキーですね。
ちなみに2017年7月は

7月のクーポン
おとな 入園券:3,500円→3,300円 フリーパス:割引なし
小学生 入園券:2,500円→2,300円 フリーパス:割引なし
幼児・シニア 入園券:割引なし フリーパス:割引なし

女子得クーポン
おとな 入園券:割引なし フリーパス:4,500円→4,100円(女性には+金券1000円)
小学生 入園券:割引なし フリーパス:3,000円→2,400円(+金券500円)
幼児・シニア 入園券:割引なし フリーパス:割引なし(+金券500円)
の2種類のクーポンが配信されました。

JAFを使った割引クーポン

おとな 入園券:3,500円→3,400円 フリーパス:4,500円→4,300円
小学生 入園券:2,500円→2,400円 フリーパス:3,000円→2,800円
幼児・シニア 入園券:割引なし フリーパス:割引なし
会員証提示により本人含め最大5名まで

エポスカードを使った割引クーポン

おとな 入園券:3,500円→3,400円 フリーパス:4,500円→4,300円
小学生 入園券:2,500円→2,400円 フリーパス:3,000円→2,800円
幼児・シニア 入園券:割引なし フリーパス:割引なし
エポスカード提示により本人含め最大5名まで

イオンカードを使った割引クーポン

おとな 入園券:3,500円→3,400円 フリーパス:4,500円→4,300円
小学生 入園券:2,500円→2,400円 フリーパス:3,000円→2,800円
幼児・シニア 入園券:割引なし フリーパス:割引なし
イオンカード提示により本人含め最大5名まで

ジョルダンクーポンを使った割引クーポン

おとな 入園券:3,500円→3,400円 フリーパス:4,500円→4,300円
小学生 入園券:2,500円→2,400円 フリーパス:3,000円→2,800円
幼児・シニア 入園券:割引なし フリーパス:割引なし
発行日より3日間有効

生協(COOP)で前売券を購入する

東京近郊の生協では毎年夏季になるとサマーランドの前売券が販売されるので、もし生協に加入しているならぜひチェックしてみてください。
例えば2018年6月にパルシステムで販売されている前売券は2種類あります。

夏季特別フリーパス前売券
おとな:4,500円→3,100円
小学生:3,000円→2,700円
幼児・シニア:割引なし

夏季特別入園前売券
おとな:入園券:3,500円→2,300円
小学生:入園券:2,500円→2,300円
幼児・シニア:割引なし

どちらもおとなの割引率が大きくお得になっています。
有効期間も2018年7月1日〜9月30日と長いので、買ったのにうっかり期限を過ぎてしまったということもないので安心ですね。

サマーランドプール有料席の購入方法と場所取りでお勧めの場所

サマーランドのプールは屋外のアドベンチャーラグーン エリアと室内のアドベンチャードーム エリアの2つに分かれています。
それぞれのエリアに有料席、無料席が設けられていて、有料席は屋外に12種類、室内に5種類あります。
無料席については席というよりただ空いているスペースという場所もありますが、屋外に3カ所、室内に4カ所あります。

有料席の購入方法

有料席を利用したい場合は当日先着順にインフォメーションで手続きをします。
インフォメーションは屋外に2カ所、室内に1カ所あり、各有料席でインフォメーションが違うので、利用したい有料席のインフォメーションに行きましょう。
または一部の有料席は事前に予約購入できるので、ちゃんとした休憩スペースを絶対に確保したい方は予約購入の方がいいかもしれないですね。
予約購入は、JTB電子チケットPassMe!に会員登録するとできます。

場所取りでおすすめの場所

アドベンチャーラグーンでお勧めの場所
有料席のアドベンチャーレスト席の1Fがお勧めです。
2,3Fが有料席、1Fが無料席になっている場所です。この場所は屋根がついているので日陰になっていて、あまり人通りがないので落ち着いて休憩ができます。

アドベンチャーラグーン画像

 

アドベンチャードームでお勧めの場所
メインエントランス2Fグリーンルーム
2Fにあるのでプールとの行き来が少し大変になりますが、テーブルやイスがあり空調も効いているのでゆっくり休憩ができます。
お子さんが寝てしまっても寝かせておくことができますし、トイレや売店が近いので快適です。

アドベンチャードーム画像

おむつでもプールに入れるのか

プール用オムツをつけて、その上に水着を着ればプールに入れるようです。
まだオムツがはずれていないお子さんや、おもらししてしまう可能性のある小さな子を連れて行く場合はプール用オムツを用意しましょう。
また園内でプール用オムツの販売もしているそうなので、つい忘れてしまっても大丈夫ですね。

 

アクセス方法と駐車場の混雑状況

アクセス方法

お車をご利用の場合
中央道八王子インター(都心方面からの場合第2出口、山梨方面からは出口は1つで す)国道16号経由、新滝山街道利用約10km
圏央道あきる野インターより滝山海道(国道411号)利用約0.5km

電車・バスをご利用の場合
JR秋川駅より路線バス約10分またはタクシー約5分
京王八王子駅またはJR八王子駅より路線バス約35分

個人的には車でのアクセスが可能であれば、車が絶対にお勧めです。
電車でのアクセスだと、帰り道が大変だからです。遊び疲れてクタクタな上、濡れたタオルや水着を持って路線バスに30分乗って駅まで行って、そこからまた電車に乗って帰る・・・しんどいですね。
小さなお子さん連れは特に車の方がいいと思います。

 

駐車場の混雑状況

サマーランドの駐車場はかなり広いです。また夏季のトップシーズンは臨時駐車場が用意されるので車を停められないということはないです。
ただサマーランドに近い第1駐車場はトップシーズンだと午前7時半には満車になってしまいます。
そうなると第2駐車場に誘導されるのですが、こちらはサマーランドから約1.5km離れていて、無料の送迎バスが随時運行しています。
送迎バスを待つのが嫌だという方は早朝から行くことをお勧めします。

 

まとめ

サマーランドは日本最大級のプールで他のプールにはないアトラクションもあり、一日中いても飽きないプールです。
ただそれだけにかなりの人気スポットで来場者もかなり多く、お盆の時期はすごいことになります。
なので事前に混雑状況や休憩所を調べておくことで、無駄な時間をなるべく減らして目一杯楽しみましょう!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事