大磯ロングビーチは、波のプールや流れるプール、ダイビングプール、全長140mのウォータースライダーなどが揃った大規模レジャープールです。

相模湾が一望できるシーサイドリゾートプール、大磯ロングビーチのテント・パラソルの予約方法と持込可能な持ち物と必要な持ち物についてご紹介していきたいと思います。

 

今年の猛暑!塗る日焼け止めだけで大丈夫?

大磯ロングビーチはテント・パラソルは待ちこめるのか?

テント・パラソル設置可能エリアについてのみ、テント・パラソルの持ち込みは可能です。

少し離れた場所ですが静かに休むにはいいかもしれません。

大きさの制限は無いのですが、風などで飛ばされないよう自己責任で利用しましょう。

 

大磯ロングビーチテント設置画像

テント・パラソルの予約方法

電話受付はしておらず、事前販売はインターネット(PC・タブレット・スマートフォン)からとなります。

インターネット購入は希望日前日の午後1159分までです。

当日テント・パラソルをご利用の方は、大磯ロングビーチテント・パラソル当日券販売窓口・ホテル内宿泊者専用窓口で当日券を購入することができます。

テント・パラソル予約方法
事前購入で画面上から自分自身で座席の状況を確認し、空いている座席を指定して購入する

利用日当日は、印刷した購入番号か、スマートフォンに保存したQRコードをプールセンター内およびホテル内に設置の予約者専用チケット発券機にかざすと、座席チケットが発券される

決済方法はクレジットカードのみ

 

決済後の変更、キャンセルについてですが、テント・パラソル購入日より最大50日間(予約日を含め50日目の午後1159分まで)かつ、利用日前日(午後1159分)までであれば、テント・パラソル販売システムのマイページからキャンセルすることができます。

注意しないといけないのが、電話でのキャセルは受け付けていないので必ずネットからキャンセルを行ってください。そして、座席の変更はキャンセル作業後に再度購入することで変更することが可能です。

 

 

持ち込み可能な持ち物と必要な持ち物

持ち込み可能な持ち物

食べ物の持込はできませんが、飲み物は持ち込み可能、ビンやガラスなどの容器は禁止

ベビーカーは園内に持ち込み可能ただし、安全のためプール近くでの利用はできません

 

プール場内に持ち込んでいけないもの

ビン・ガラス類、危険物、アルコール飲料、ガラス製水中めがね、ボディボード、足ひれ、シュノーケル、
大規模な遊泳器具遊戯物の持ち込みは禁止

 

 

必要な持ち物

水着

レジャーシート

テント

ビーチサンダル

タオル

お金

防水小物入れ

created by Rinker
GULL
¥840 (2018/12/17 13:31:04時点 Amazon調べ-詳細)

ビニール袋

サングラスやゴーグル、日焼け止め、浮き輪などがあると更に便利ですね。

まとめ

夏はプールでのんびりしたいならテントやパラソルは必須ですね。

最近は日差しが本当に強いので熱中症にならないように必ずテントやパラソルで休憩は必要です。

大磯ロングビーチはテントやパラソルのレンタルの種類が色々ありますが、場所を選ばなければ持ち込みも可能なのでご自身のベストな場所でプールを楽しんでください。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事