平昌(ピョンチャン)オリンピックが2018年2月9日(金)から2月25日(日)までの17日間開催されます。

今回開会式と閉会式が開催される平昌オリンピックスタジアムは屋根と外壁がないため、防寒性の問題をよくニュースで目にします。
気温は-10度以下になり、北海道や長野より寒いため現地の参加は大変そうですね。

しかし色々な演出が楽しめる開会式と閉会式の日程とテレビ放送時間、会場と演出を調べてみました♪

平昌オリンピック開会式・閉会式の日程とテレビ放送時間

開会式日程・テレビ放送時間

日程:2月9日(金)20:00~

テレビ放送時間 :生放送 【NHK 総合】19:30~22:30

2月10日(土)録画【NHK BS1】9:00~11:00  【テレビ朝日】8:00~10:00

 

閉会式の日程・テレビ放送時間

日程:2月25日(日)20:00~

テレビ放送時間 :生放送 【NHK 総合】19:30~20:00 【NHK Eテレ】20:00~21:00 【NHK 総合】21:00~22:30

2月26日(月)録画【NHK BS1】9:00~11:00

 

平昌オリンピック会場と演出は?

平昌オリンピック会場

会場:平昌オリンピックスタジアム

住所:大韓民国江原道平昌郡大関嶺面水下里166-16

 

平昌オリンピックスタジアムとは2015年12月から建設が進められ、28,300m2の敷地に約1,200億ウォン(約121億円)の事業費をかけて2017年9月に完成しました。

ソウルから東に車で約3時間、多くの観光客が訪れるスキーリゾートです。

スタジアムは地上7階、地下1階で、座席数は3万5000席に上り、 上から見ると五角形をしています。

平昌五輪が掲げる「文化」、「経済」「情報通信技術(ICT)」、「環境」、「平和」といった目標を象徴しているようです。
大会終了後は公演場として活用される予定となっています。

 

平昌オリンピック演出は?

開会式は総監督は宋承桓、総合演出は梁正雄、音楽監督は梁邦彦が務めます。

 

平昌冬季五輪の大会組織委員会は23日、平昌五輪スタジアムで行われる開閉会式の概要を発表した。

開会式では5人の子どもが冒険する物語の設定で、韓国の歴史と文化を紹介しながら、世界中が共に平和をつくっていくことを発信する。

 

 

開会式始まりました!

開会式はじめ画像

 

5人の子供たちの物語が始まりました

子供画像

 

神話の不死鳥の人面鳥が怖くて評判に!

 

開会式中画像

 

日本チーム入場

日本チーム画像

 

平和の象徴のはと

開会式鳥画像

 

ドローンで作られた5輪

五輪画像

 

聖火の点火者はキム・ヨナです

キム・ヨナ画像

 

開会式外観画像

 

ライティングの演出が素晴らしかったです

 

まとめ

寒さ対策として観客全員に毛布やニット帽、カイロなどを配るほか、会場内に暖房が効いた部屋やストーブを設置し選手への負担を考慮し2時間程度で終える予定にしているとの事でしたが無事に終わりましたね~

聖火の点火者は2010年バンクーバーオリンピック金メダリストのキム・ヨナでした。

そしてドローンで作られた5輪が凄くて感動、見どころ満載の開会式でしたね♪

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事