ハンドクラフトフェアとは

ハンドクラフトフェアとは平成元年に第一回が開催され、それ以来毎年開催されている日本ホビーショーに次ぐ東海地域におけるビッグイベントです。

2017年6月23日(金)~24日(土)2日間にわたり、名古屋市中小企業振興会館、吹上ホールにてハンドクラフトフェアが開催されました。

23日に行ってきましたのでレポートします♪

 

吹上ホールに到着!

2017ハンドクラフトフェア名古屋画像

 

2日間の来場者数は、31,000人(23日 15,000人・24日 16,000人)だったようです。

私は平日の方がすいているかと思い23日に行ったのですが、土曜日とそれ程混雑ぶりに差はなかったようですね。

 

【名  称】 2017ハンドクラフトフェアinNAGOYA

【日  時】 平成29年6月23日(金)~6月24日(土)

【開催時間】 10:00~17:00

【会  場】 名古屋市中小企業振興会館・吹上ホール

地下鉄なら桜通線「吹上駅」から徒歩約5分、車も有料駐車場があります。

【入 場 料】 無料 ※体験イベントなどは有料

 

名古屋市中小企業振興会館・吹上ホール会場内

 

吹上ホール会場内画像

 

 

 

イベントブース詳細

 

ハンドクラフトフェア場内案内画像

 

 

ホビッ子ランド画像

 

♦企業ブース
♦レッスンA
♦レッスンB
♦クリエーターズブース
♦マーケットコーナーA
♦マーケットコーナーB
♦エキシビジョン

全部で約180のブースがあります。

レッスンコーナーAやレッスンコーナーBは大人がハンドメイドを体験できるコーナーになっていて有料ですが金額はそれぞれ違います。

ホビッ子ランドは6月24日(土)のみ開催だったようで、こちらは小中学生対象で材料費込みの参加費は500円で6種類ほど体験できたようです。

その他は企業の方やクリエイターの方のブースでそちらでも体験できるところがあり、人気のブースは当日分は売り切れなんていうところもあるので、体験されたい方は午前中にいかれた方がいいですね。

 

私もちょっと気になるブースがあったのですが14時位に行ったら締め切られていました。

こちらです↓なんとブラパンで作るそうですが、色がとっても素敵でした!

イベントブース画像

ハンドクラフトフェアin名古屋まとめ

ハンドクラフトフェアに以前に行ったときより人が多かったです。

まだハンドメイドのブームは去っていないという事でしょうか。

年齢層はちょっと高めだった気がしますが、開催第29回目なので恒例行事になっているのかもしれませんね。

定番のクラフトから新しい物まで色々見る事ができるので楽しいです。

体験できるブースが多いのでなかなかハンドメイドする機会が無い方は気軽に体験してみるのもいいかもしれません。

 

広いキルト展示コーナーがあり、2018年3月29日~31日、吹上ホールにて「キルト&ステッチショー2017」が名古屋で開催されるようです。

こちらも行ってみたいですね~

[blogcard url="https://www.quilt-stitch-show.com/2017/news/154"]
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事