名古屋クリスマスマーケットとは

ドイツをはじめオーストリアなどヨーロッパの多くの都市では街の中心の広場でアドヴェントにクリスマスマーケットが開催されます。アドヴェント(待降節)とはクリスマス前4週間のことで、キリストの到来を準備する期間です。
クリスマスマーケットではツリーの飾り、くるみ割り人形やクッキー、焼きソーセージ、お菓子などの屋台が並び地元の人たちがクリスマスを迎える準備をします。ライトアップされた広場は暖かい灯りに照らされてとてもロマンティックな雰囲気に包まれます。

大きなクリスマスツリーやメリーゴーランドなどロマンチックな雰囲気の中ヨーロッパ風のスパイスたっぷりの甘いホットワインや、ドイツ風シチューや具だくさんのスープなどの体が温まるメニュー、シュートレインやプレッツェル、チュリトスなどのカフェメニューも楽しめます。

ギフトはドイツのクリスマスレース飾りやアンペルマングッズなどヨーロッパ各国からの輸入雑貨も多数あるようです。
今年はロシア雑貨のマトリョーシカも初登場と盛りだくさんの内容です。

名古屋栄の松坂屋の前、久屋大通公園 久屋広場という便利な場所で開催するのでお買い物のついでに是非寄って行きたいですね♪

 

名古屋クリスマスマーケットの開催場所

住所: 愛知県名古屋市中区栄3丁目

開催場所:久屋大通公園 久屋広場(名古屋・栄)*雨天開催

交通・アクセス:名古屋市営地下鉄東山線 『栄』 駅13・16番出口より徒歩5分、市営地下鉄名城線 『矢場町』 駅6番出口より徒歩2分

 

 

名古屋クリスマスマーケットの開催期間・営業時間

開催期間

2017年12月9日(土)~12月25日(月)

営業時間

<平日>15:00~20:30

<土・日・祝および25日>11:00~20:30

入場無料です

 

名古屋クリスマスマーケットの食事

手作りぐるぐるソーセージ \1,400

サーモンフリットバターソース \800

シュートレイン1ピース \400

手作りグリューワイン ¥700

フード&ドリンク&グッズの詳細>>>会場案内図PDF

 

名古屋クリスマスマーケットの楽しみ方

クリスマスステージ

合唱、ゴスペル、アカペラなど、主に東海地方で活動するグループが多数参加しクリスマスらしいパフォーマンスが連日披露されます。

ステージスケジュールはこちらから>>>クリスマスステージPDF

 

スノードーム製作教室

 

 

5周年記念の今年はピカピカ光る「LED」「ブルー」「ピンク」「ゴールド」「シルバー」の台座です。

サンタや動物、恐竜、雪だるまなどたくさんの材料から好きなアイテムを組み合わせて、自分だけのオリジナルスノードームが作れます。

参加には予約が必要です。

実施日時

12月9日(土)10日(日)
16日(土)17日(日)
23日(土・祝)24日(日)25日(月)

12:00~ 13:30~ 15:00~ 16:30~ 18:00~ 約45分間

受付人数

各回約15名前後

参加料金

スノードームの台座の色により料金が異なります。

ピンク、ブルー ¥2,400

ゴールド、シルバー ¥2,800

LED ¥4,500

(税込、材料費込)

予約方法

電話で参加者代表者名、連絡携帯番号、参加人数、希望ドームの種類

電話番号:052-954-1195 (平日 10:00~18:00)

*事前予約優先のため当日は空きがある場合のみ参加できます

 

アンティークなメリーゴーランド

利用料金 ¥400

 

サンタクロースが登場

子供から大人までみんなに愛され続けるサンタクロースも会場に遊びにやってきます。プレゼントが入った大きな袋を抱えて、お客さんにはグリーティング、子供たちにはプレゼントがあるかもしれません。

サンタクロース登場日

12月9日(土) 10日(日)
16日(土) 17日(日)
23日(土・祝) 24日(日) 25日(月)
各日 12:30頃~17:30頃

 

来年のクリスマスにサンタクロースからお手紙が届く!

会場内のショップ各店でもらえるスタンプを集めると来年のクリスマスにサンタクロース定住の地とされるスウェーデン・モーラ市郊外から国際郵便で「サンタクロースからの手紙」が届きます。

※会場で配布されるスタンプカードで参加してください

 

まとめ

去年のツリー

 

名古屋の栄、久屋大通公園 久屋広場で開催されるクリスマスイベント、16日間もあり無料なので巨大クリスマスツリーを見に行くだけでも楽しめそうです。

もちろんお食事やお買い物も、ヨーロッパの雰囲気を味わいに出かけてみませんか♪

 

名古屋城のイベントはこちら>>>名古屋城冬まつり2017開催期間や時間、カウントダウンとイベント情報も

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事